化粧落としと洗顔

今日はクレンジングと洗顔を買ってきました。
写真が暗いのは、ダイニングに照明が無いからです。今、探し中なので、あともうちょっとの辛抱。
イグニスクレンジングクリームトリートメントウォッシュクリームです。
イグニスクレンジングと洗顔の写真

化粧落としは、クレンジングペーストと言う商品を使っていました(リニューアルされてハーバルエッセンス ペーストになったそうです)。この商品は、化粧落としだけではなく、肌のデトックス効果もあるとか。
値段もほんの少し高いので、クレンジングペーストは、肌が疲れた時だけにしようと思って、クレンジングクリームを買ってみました。

洗顔は、「ためしてガッテン」で、しっかり泡立て洗うように!と言うのを見て、すっかり影響されて、隠し持っていた泡立てネットを出し、2日間程チャレンジしてみたのですが、私には、肌が乾燥するようでした。
今日、買ったイグニスのトリートメントウォッシュクリームは泡立たないタイプで洗顔後もしっとりしています。今まで使っていたのを継続させようと思い、買ってきました。ちなみに、私はめんどくさがり屋なので、泡立たない洗顔は、朝、とても重宝します。

で、なぜ、今日この2つを買ったかと言うと、キャンペーンをしていたからです。そろそろ無くなりそうだったので。化粧品屋の策略にまんまとはまっております。恥ずかしながら・・・。
クリスマスのトイレットペーパーの写真
クリスマス柄のトイレットペーパー3つもらってきました。

イグニスのサンプルの写真
サンプルもたくさんもらってきました。

  • 薬用スキンコンディショナーのポイントマスク
  • エクサージュハーバルオイル
  • エクサージュコルセスセラムマスク(くじ引きでもらいました)
  • イグニスVQブライトニングフォーム×4
  • イグニスVQブライトニングクレンジング×4

お手入れって、どこまででもできるし、今の自分がしている事が合っているかどうかを判断するのは難しいですね。とりあえず、トラブルが起きていないので、大丈夫なのかなーーと思っている次第です。
そろそろ、お金をかけずに、肌に合う物を厳選していきたいと思っている所です。削れる所は削って、貯金したり、繰り上げ返済したりしないとですしね。
我慢は肌にも心にも良くないので、1点豪華主義でクリームだけ高価な物にする!とかでもいいかなと思ったりもしています。買ってきておいて、こんな事を言うのも何ですが・・・。

広告

照明を買う – その1

ずっとダイニングテーブルを探していて、納品待つばかりの状況になり、ちょっと気が抜けておりました。
すっかり、ボーッと過ごしていましたが、照明を選ばないと、暗闇の中でご飯を食べる事になります。

元々、ダイニングの上はペンダントがランプがいいなと思っていましたが、相変わらず、かなり漠然としておりました。
いつものように、三井デザインテックのインテリアコーディネーターさんにアドバイスをもらって探しております。

私の家には、温かみのあるものが合うそうです。
大阪の人の言葉で言う、「シュッとしたもの」は似合わないようです。

以前、ダイニングテーブルの相談に行った時に、三井デザインテックのLIVELABOルイスポールセントルボーが展示されていました。
私的には、ひとめぼれです。でも、お高いのね~~~。

と、言うことで、とりあえずルイスポールセンショールームに行って来ました!
ルイスポールセン トルボーペンダントの写真
噂のトルボーの写真です。
私の家に導入する場合は、トルボーの小さいのを2灯吊るす事を考えています。
地震の時や、掃除の時に割ってしまうのはないか?と言う不安もあります。
通常の地震では、大きく揺れて破損することはないようです。
ランプ同士が当たるような大きな地震が起きる場合は、それ以外も大変な事になるでしょうとの事でした。
当たり前ですね。。。
気をつけるとしたら、私が掃除の時や物を運ぶ時に何かをぶつけたりしないようにしないとですね。これが一番危険だなー。

人気のPHシリーズも見せてもらいました。
ルイスポールセン PHランプ写真
写真のPHシリーズは、材質がアルミなので、ランプの下の空間を照らす形になるそうです。
私の家はLDKです。
ダイニングでご飯を食べて、キッチンに物を取りにいくような場合もあるので、リビングの明かりも調光してつけておく必要があるようです。

トルボーはガラスなので、全てを照らす程の強い光ではないですが、周囲にも明かりがこぼれます。

私の家には、周囲も、照らしてくれる明かりがいいのかなーと思いました。

もう少し他のものも見てみようと思います。

加湿器

すっかり寒くなってきて、空気も乾燥してきました。
最近は寝ていると、喉がケホケホして、おっさんのような咳で起きてしまう事がありました。

去年から加湿器が欲しいなぁーと主人に話をしていましたが、今年に入ってやっとやっと買いました。

悩んで悩んでダイニチのハイブリッド式加湿器にしました。
加湿器(DAINICHI)の写真

加湿器と言うと、水を熱して水蒸気を出す物のイメージが強かったですが、今はいろんな種類があるようです。
大きく分けると、「スチームファン式」、「ヒーターレスファン式(気化式)」、「ハイブリット式(加熱気化式)」、「超音波式」の4種類だそうです。
違いの詳細については、allaboutの記事をどうぞ。

私の家はマンションなので、スチーム式は結露が気になると思い、候補から外しました。
超音波式は、元々候補にはありませんでしたが、衛生面に気をつけないといけないようです。
ただし、加湿器自体、水を使っているので、どの方式も気をつけないとですね。

主人が調べてくれて、DAINICHISANYOのどちらかにしようと言うことになりました。

SANYO 気化式加湿器 は機能が充実していて、とても評判が良いです。
ウイルスウォッシャー機能と言うのが搭載されていて、菌・ウイルス等を除菌・抑制する効果があるそうです。
たまひよと一緒にプロジェクトをしているようで、何だかとても安心な感じがします。
さらに、部屋の明るさにあわせて、明るさ連動運転と言うのもしてくれます。
機能面では、SANYOだったのですが、後ろのタンクが大きく奥行きが結構あります。
横から見た感じがどうしても気に入りませんでした。。。
ヒーターレスファン加湿方式と言うのは、他に比べて、どうしても本体が大きくなってしまうようです。
難しいですね。

DAINICHIの商品は、ハイブリッドのため、大きさはSANYOの商品よりかはコンパクトです。
どちらも良い商品なのですが、最終的にはデザインが決め手となり、こちらの商品にしました。

色はシルキーベージュとビターブラウンで迷いましたが、シルキーベージュにしました。
少し不安でしたが、こちらの色が私の家には合っているように思います、正解でした!!

今までは、家電のデザインなどは気にした事がありませんでした。
でも、マンション引越しの際に家電を買いに行き、受注生産でもいいから色がもうちょっと選べたらいいなと思いました。
特に冷蔵庫の色は、2種類ぐらいしかなかったり、なかなか難しい選択でした。

主力の色以外は、少し値段が高くなっても、期間限定の受注生産でもいいので、そういうオプション作ってください!家電メーカーの皆さま!!!

これで、お肌にも優しい!!と思いましたが、あまり加湿をし過ぎると肌は環境の変化に耐えられないそうです。
外気とのバランスを考えて、40~60%ぐらいにしましょうと、「ためしてガッテン」でやっておりました。
出鼻をくじかれた感じです。気をつけまーす。

ダイニングテーブルを買う – その10

貧血?なのか、ダウンしていた1週間でした。
ブログの更新も滞ってしまいました。
体には気をつけないといけない年齢ですね。とほほ・・・。

と、言うことで前回ダイニングテーブルを選んで、その後、ほんの少しだけ進展がありました。
納期が決定しました!
1ヶ月後の12月18日になりました。

ダイニングテーブルは受注生産なので、きっと、今頃職人さんが一生懸命作ってくださっていると妄想する次第です。

と、後は納品を待つばかりと言う訳には行かず、照明を決めないといけません。
【HIRAMEKI – Design × Finland】の投稿に写真がありますが、北欧のランプってかわいいのですね。
インテリア好きな人のブログなどを見るとルイスポールセンの照明を使っている人も多く、私は、今回ダイニングテーブルを買うのに、初めて知ったと言うお恥ずかしい状態です。
素敵な物は値段もお高く、既にダイニングテーブルで予定していた値段をオーバーしてしまっているので、照明に関しては渋めにいかないとですが、目を肥やすために、まずは、ルイスポールセンのショールームに行ってみようと思っています。

照明選びに関しては、また、ちょくちょく投稿したいなと思っています。

ダイニングテーブルに関する過去の投稿は下記からどうぞ!

大阪人の嫁 「これなんぼ?」の話

私の主人は大阪出身です。
私は千葉出身で、つきあい初めてから違いに驚く事ばかりでした。
同じ日本で育っているのに、こんなに違うのねーーー。
まあ、ケンカが絶えない生活を送っておりますが、関東圏の私から見た大阪の人の特徴などを、ちまちま投稿していこうと思います。

今回は、「これなんぼ?」の話です。
買い物などから帰ってくると、まず、値段を聞かれます。

結婚前などは、
私:「これ買ったの。」
主人:「なんぼだったの?」
と、真っ先に値段を聞かれるので、その前に、いいねーとか素敵やねーとかそういう感想は無いの?それとも、この子は無駄遣いするなーって思われてるの?などと思ったりしました。

結婚してからも買い物から帰ってくると、
「へー、なんぼだったの?」
「で、なんぼだったの?」
って値段ばかり聞かれるので、正直、「わ、私は無駄遣いなんてしてませんっ、ふんっ。」って思ったりして、鼻息も荒くなることもしばしば。

ケンカを重ねて、何となくわかってきましたが、そこから会話というかコミュニケーションが始まるようです。
私:「これ買ったの。」
主人:「なんぼだったの?」
私:「◯◯◯円」
主人:「へー、いい買い物したやん。」
みたいな。

でも、いまだに慣れません。
何だかチェックされているような気がしてしまうんですよね。
聞かれなくても、無駄遣いなんてしてませんけど!!!!みたいな。
(ちょっと後ろめたい気持ちもあるのかしら?どうかしら?)

と、主人には結婚前に旅行や食事などにも連れていってもらいました。
私:「旅行楽しいね。」
主人:「そりゃあ◯◯◯円も払ったんやで」

えっ、い、今、値段の話するかーーー。
エアーズロックの夕日の前でそんな話するかーーー!!
いくらかかっているかなんて、私だってきちんとわかっているし、そんな何回も値段言わなくてもいいじゃね?今言わなくても良くない?ねぇねぇ?

相手からすると、逆に、こんないい気分の時に何でそんな怒るのかな?と思うようです。

お金の話って、関東圏では気を使う話ですが、大阪の人はもっとあけっぴろげなようです。
そこに他意は無いようです。

2人で生活していると、
「何それ?すごい、びっくりした」
「こっちこそ、びっくりした」
「いやいや私が、びっくりしたんだって!!!」
どこかでみたようなやりとりですが、「どうぞどうぞ」とはなりません。

こんな感じで、大阪の人と生活しているあれやこれやを投稿したいと思います。

ダイニングテーブルを買う – その9

今日は、三井デザインテックの家具フェアがあり、行ってきました。
実は、やっとやっと買う物が決まり、仮発注をしてきました!!!

過去の投稿は、この投稿の一番下にリンクがありますので、よろしかったらどうぞ。

今日は、新宿アイランドタワーでいくつかのインテリアショップが出展し、また、CONDE HOUSEのショールーム内でフェアがありました。

気持ちは、CONDE HOUSEで固まっていましたが、受付は新宿アイランドタワーだったので、まずは、そちらへ向かいました。
入り口で新宿アイランドタワーの目印のLOVEマークを撮りました。
LOVEマーク
このマークは、ま、まさか、アイランドタワーの“アイ”から取ってるとかそんな事は無いですよね。
そんなオヤジみたいな事は無いですよね。私の発想がオヤジですね。

受付を済ませて、いろいろなメーカーを紹介してもらいました。
Ritzwellと少し迷ったのですが、椅子の座り心地でCONDE HOUSEにしました。
Ritzwellの家具は、とてもオシャレで素敵だったのですが。
他にも見させてもらいましたが、他のメーカーの無垢家具は結構高かったです。
贅沢な品を選んだんだなーと思いました。家にダイニングが来たら大切にしなければ。

その後、CONDE HOUSEへ行き、椅子の決定と椅子の張り地を選びました。

テーブルは、SPテーブルナラ材のオイル仕上げで決定していました。

問題は椅子です。
ボルス ダイニングNレジェーロで迷っていました。

三井デザインテックのインテリアコーディネーターさんには、私の家にはボルス ダイニングNは存在感がありすぎるかも?と言われていたのです。
悩みに悩んで、座り比べて座り心地の気に入ったボルス ダイニングNで決定しました。

CONDE HOUSEの担当の方と、ショールームに向かう途中世間話をしたのですが、ボルスの椅子は35年前から扱っている商品とのことです。
その当時は、 木の家具と言えば、民芸品調の物が多く、モダンなデザインの物は海外輸入品ではないと無かったそうです。
そのため、この椅子を発売したら、とても売れたそうです。
そして、この椅子のデザイナーさんは、CONDE HOUSEの会長さんとの事でした。
現在、発売当初に購入した人の張り地の張替えの依頼が多いそうです。
こういう話を聞いたら、家具に愛着がわきますね。

脱線しましたが、椅子は座り心地を優先して、重厚感がある物を選んだので、張り地で何とか軽く見せようと言う事になりました。
三井デザインテックのインテリアコーディネーターさんとCONDE HOUSEの担当の方に相談に乗って頂き、あれやこれやと候補を出して頂きました。

下記の事を考慮して合成皮革にしました。

  • 後で、2脚買い足す事(今回は予算の関係で2脚だけなのです・・・)
  • カバーリングの商品では無いので、汚れが目立たないこと
  • 長持ちする事
  • 予算

革は予算的に無理でした。。。
布は、買い足すときに廃盤になっている可能性があることと、劣化具合が大きく違ってしまう可能性があるとのことです。
合成皮革は汚れたら拭けるのと、布よりかは持つでしょうとの事でした。

そういう訳で、やっとやっとやっと、ダイニングが決まりましたーーー!!!
届くのは、年末の予定です。
年明けは、ダイニングでお正月料理!と思うと、ワクワクします。

と、実はここで終わりでは無いのです。
次は、ダイニングテーブルの上の照明選びです。。。
いろいろ商品を見ようと思います。

ダイニングは届いたら、写真を撮って投稿しようと思います。
決まって良かった!!!

キッチンマット

マンションに引っ越してきて、キッチンマットを買いました。
こんな感じの物です。
キッチンマット

特に何の変哲も無ければ、オシャレでも何でもありませんが、幅にこだわりを持って探しました。
以前のキッチンマットと比べると幅がこんなに幅が違います。
(文字が見づらいので、拡大してご覧ください。)
キッチンマットの幅の比較
以前のキッチンマットは45cmでした。
新しい物は、65cmです。
たいていの既製品は、45cm幅が多いようです。

キッチンは、気をつけていても、水はねや油がはねたり。。。
特に私は抜けているというか、ドジというか、やってはいけない時にやらかします。
例えば、デミグラスソースとか、そういうのをべちゃっとこぼしたり。
と言うことで、60cmぐらいあると安心だねと言う話になり探してみました。

買ったのは、ベルメゾンの物です。
他のメーカーとも迷ったのですが、価格の面で一番安かったのでこの商品にしました。
使ってみて幅が気に入らないとか、こんな商品を発見した!とかあるかもしれないので。

キッチンの横幅は240cmあります。
60×240cmの物を洗濯するのは大変だし、ちょっとこぼしただけでこの大きさの物を洗濯するのは手間です。
なので、60×120cmの物を3枚買ってローテーションしています。
コンロ側は炒め物がはねたり、汚す確率が高いです。
洗濯する際はコンロ側を洗濯に回して、シンクの前のをコンロ側へ移動します。
そして、シンクの前に新しい物を置いて、3枚でローテーションさせています。

幅と、この3枚ローテーションは気に入っています。
でも、次回買う時は他のメーカーも検討したいと思っています。
と、言うのも、やはり格安なので、料理をこぼした時に雑巾でゴシゴシこすったら、繊維の部分がポロッと取れてしまいました。
色もこれで良かったのかと、ちょっと、後悔というか何というか。
濃かったら濃かったで埃が目立つでしょうし。。。

ひとつずつ勉強なので、いろいろ見ながら目を養って行けたらと思っています。