ダイニングテーブルを買う – その9

今日は、三井デザインテックの家具フェアがあり、行ってきました。
実は、やっとやっと買う物が決まり、仮発注をしてきました!!!

過去の投稿は、この投稿の一番下にリンクがありますので、よろしかったらどうぞ。

今日は、新宿アイランドタワーでいくつかのインテリアショップが出展し、また、CONDE HOUSEのショールーム内でフェアがありました。

気持ちは、CONDE HOUSEで固まっていましたが、受付は新宿アイランドタワーだったので、まずは、そちらへ向かいました。
入り口で新宿アイランドタワーの目印のLOVEマークを撮りました。
LOVEマーク
このマークは、ま、まさか、アイランドタワーの“アイ”から取ってるとかそんな事は無いですよね。
そんなオヤジみたいな事は無いですよね。私の発想がオヤジですね。

受付を済ませて、いろいろなメーカーを紹介してもらいました。
Ritzwellと少し迷ったのですが、椅子の座り心地でCONDE HOUSEにしました。
Ritzwellの家具は、とてもオシャレで素敵だったのですが。
他にも見させてもらいましたが、他のメーカーの無垢家具は結構高かったです。
贅沢な品を選んだんだなーと思いました。家にダイニングが来たら大切にしなければ。

その後、CONDE HOUSEへ行き、椅子の決定と椅子の張り地を選びました。

テーブルは、SPテーブルナラ材のオイル仕上げで決定していました。

問題は椅子です。
ボルス ダイニングNレジェーロで迷っていました。

三井デザインテックのインテリアコーディネーターさんには、私の家にはボルス ダイニングNは存在感がありすぎるかも?と言われていたのです。
悩みに悩んで、座り比べて座り心地の気に入ったボルス ダイニングNで決定しました。

CONDE HOUSEの担当の方と、ショールームに向かう途中世間話をしたのですが、ボルスの椅子は35年前から扱っている商品とのことです。
その当時は、 木の家具と言えば、民芸品調の物が多く、モダンなデザインの物は海外輸入品ではないと無かったそうです。
そのため、この椅子を発売したら、とても売れたそうです。
そして、この椅子のデザイナーさんは、CONDE HOUSEの会長さんとの事でした。
現在、発売当初に購入した人の張り地の張替えの依頼が多いそうです。
こういう話を聞いたら、家具に愛着がわきますね。

脱線しましたが、椅子は座り心地を優先して、重厚感がある物を選んだので、張り地で何とか軽く見せようと言う事になりました。
三井デザインテックのインテリアコーディネーターさんとCONDE HOUSEの担当の方に相談に乗って頂き、あれやこれやと候補を出して頂きました。

下記の事を考慮して合成皮革にしました。

  • 後で、2脚買い足す事(今回は予算の関係で2脚だけなのです・・・)
  • カバーリングの商品では無いので、汚れが目立たないこと
  • 長持ちする事
  • 予算

革は予算的に無理でした。。。
布は、買い足すときに廃盤になっている可能性があることと、劣化具合が大きく違ってしまう可能性があるとのことです。
合成皮革は汚れたら拭けるのと、布よりかは持つでしょうとの事でした。

そういう訳で、やっとやっとやっと、ダイニングが決まりましたーーー!!!
届くのは、年末の予定です。
年明けは、ダイニングでお正月料理!と思うと、ワクワクします。

と、実はここで終わりでは無いのです。
次は、ダイニングテーブルの上の照明選びです。。。
いろいろ商品を見ようと思います。

ダイニングは届いたら、写真を撮って投稿しようと思います。
決まって良かった!!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。