夏も終わりかな…

IKEAで買った夏用の造花
おととい整骨院で整体師さんに「KYO5さん、今週末は涼しくなると言う噂ですよ。今年の夏の暑さのピークが終わるらしいですよ。」と言われました。天気予報では明日(今日?)木曜日がとっても暑いようですが、それを過ぎると少し涼しくなるようです。

写真は、夏用にIKEAで購入した造花です。夏の間、リビングに飾っていました。
夕暮れに写真を撮ったら、空の感じも秋らしく写りました。
お盆を過ぎると、暑さはしんどいですが空の感じはすっかり秋っぽくなりますね。

ダイニングに飾っている造花

そろそろ、お部屋の雰囲気を秋っぽくしたいなと思っています。
テーブルクロスは去年の冬に作ったのがあるので、お花とか秋らしいようなものを調達しに行きたいなと。
後はクッションカバーとかも作ったりして…。と、妄想は膨らむものの、カーテンの丈詰めがありました…。洗濯してもカーテンがすぐ乾く夏のうちに丈詰めを終わらせなければ。

広告

kesä kirpputori in 自由が丘

kesä kirpputori in 自由が丘 information card
7/30〜8/7まで開催されていたkesä kirpputori in 自由が丘に行ってきました。
ヴィンテージ食器や生地、小物…、と言う事で、ドキドキワクワク。

marimekkoのヴィンテージ生地で作られた素敵なクッションカバーがありましたが、1万を超える値段でした。もちろん見るだけで。

今回は、ヴィンテージの布を購入しました。
北欧ヴィンテージの布
北欧のヴィンテージですが、昭和の懐かしい香りもする可愛い布です。

と、言う事でカウンターに。
北欧ヴィンテージ布-カウンターに敷いた写真
Lisa Larsonのライオンはカメラ目線で。

このイベントの主催はライフアンドブックスさんで、他にもイベントがあるようです。

  • 2011.8.2〜8.28 キャンドルを灯してスローな夜を。
    ~北欧のキャンドルホルダーを集めました~
  • 2011.8.30〜9.25 北欧グラフィックデザイン
    北欧のヴィンテージファブリックを中心に北欧のグラフィックデザインにまつわるアイテムを集めたイベント。

両方行けたらいいなと思っています。

THE TIME HAS COME(北欧ビンテージ雑貨ショップ)

THE TIME HAS COME お店の様子(1)
THE TIME HAS COMEと言う、北欧ビンテージのお店に行ってきました。店内には写真の通り、所狭しと雑貨が並んでいます。

THE TIME HAS COME 店内の様子(2) - ドイツ製の時計
時計は、全てドイツ製との事です。サイトで見てカワイイなと思っておりましたが、実物はもっと味があって素敵でした。

THE TIME HAS COME 店内の様子(3)
商品がたくさんあって、目移りします。
こういう中から、さらっと家に置く素敵な雑貨を選べる人になりたいものです。

ちなみに、一番心が揺れたのは、ロイヤル・コペンハーゲンのイヤーマグです。
1972年は主人の誕生年ですが、この柄がとっても素敵でした。(こちらのお店で写真を撮るのを忘れたので、北欧雑貨さんのリンクで。)
1972年は偶然お店にあって、私の誕生年の1975年のはありませんでした…。残念。(ちなみに1975年のデザインも北欧雑貨さんへリンク
もったいなくて使えないと思わず貧乏性の本音が出てしまいましたが、「使って飾って、使って飾って…」すればいいんですよとの事でした。
ご縁があれば、それぞれの生まれ年のマグカップが欲しいなと思っております。

リビングのカーテン

リビングのカーテン
マンション購入時に三井デザインテックLIVELABOに相談して、いくつか家具を購入しました。
その中のひとつがリビングのカーテンです。
カーテン選びは難しく、何度か失敗をしています。現地で布を選んで、実際に自分で付けてみるとあれ?と思ったりする事も。今回は失敗は許されません。

マンションの販売会社と系列会社なので、いろいろと融通が利き、実際の床や壁等のサンプルも手元に準備した上で相談に乗ってもらえます。ちなみに、食器棚も同じ面材で作ってもらえたりもしました。リビングのカーテンは面積も広く、印象に大きく関わって来るので、他は後回しにしてもカーテンだけは妥協しないようにしようと言う事になり、結構奮発をしました。

生地は、LIVELABOでサンプルを見せてもらいました。たくさん見ましたが、第一印象で良いなと思う物があり、表はすんなりとパラレルと言う生地に決まりました。
レースはFEDE RICCOというコレクションの中からリッカと言う生地を選びました。

リビングのカーテン別アングル

ロールスクリーンにするか、普通の横に開閉するカーテンにするかで、悩みました。
一度は、ロールスクリーンにしてみたいなぁと。ただ、強いこだわりはなかったので、値段が大きく違うなら、普通のカーテンにしようと思っていました。
実際に見積もりを取ってみたら、値段がほとんど変わらなかったので、私の希望でロールスクリーンにする事に。

ちょっとベランダに出たい時など、ロールスクリーンを上げる必要があり、不便な点もあります。
逆に、上下に開閉するので、太陽の高さに合わせて調整できるのが良かったなぁと思います。
かなり満足しています。

続・テーブルクロスを作りました

夏用テーブルクロス
夏用のテーブルクロスを作りました。
最近になって過去に作ったものを投稿していて、昨日は、1月に作ったテーブルクロス(テーブルクロスを作りました)を投稿しました。
その時に夏用を作ると宣言したので、鉄は熱いうちにと言うことで作ってみました。
今回もIKEAで買ってきた布です。ベリットと言う名前です。

テーブルクロス作り途中の写真
本当は布は買って来たら水に浸して陰干しをしてアイロンで地ならしをしないといけないそうです…。
適当だったなぁと反省。初心者ですものと言い訳をしつつ。
布をカットして、縫い代を折って、まっすぐ縫うべし縫うべしです。端の処理は「テーブルクロスの詳しい作り方(教えてgoo)」を参考にしました。

今回も、縦は机のサイズに合わせて作成し、横は長めに布が垂れるように作りました。
なのですが、布を買うときに採寸を間違えてしまったようで、前回作ったものより、横に垂れる部分が少なくなってしまいました。ショック…。
IKEAでは、自分で長さを測って裁断しないとなので、計り間違えたのでしょう。次回からは気をつけなくては。

と言うわけで、新しいテーブルクロスで、早速ご飯を食べました。私がダイエット中なので和食です。
新しいテーブルクロスでご飯

次はテーブルランナーを作りたいと思ってます。

テーブルクロスを作りました

IKEAの布で作ったテーブルクロス
これは、今年の1月に作成したテーブルクロスです。
IKEAで買ったマイケンと言う名前の布で作りました。

別角度から見るとこんな感じです。
IKEAの布で作ったテーブルクロス

無垢材の家具は、風合いを楽しむものなので、クロスなども極力せずに風化も味と思って楽しみましょうとの事なのですが、何せ、お気に入り過ぎて未だお客様のような扱いのダイニングテーブルです。
ご飯を食べたりするのにランチョンマットでは心細く、テーブルクロスを敷く事にしました。

横から見た際のフォルムが素敵なので、普通のクロスのように縦も横も覆ってしまうと、もったないと考えていました。リビングから眺めてはニヤニヤムフムフしたいと。
偶然、見た雑誌で引き出しが付いている面を隠さないテーブルクロスの写真を見て、これだ!!!と思って取り入れてみました。

縦は机のサイズに合わせて作成し、横は長めに布が垂れるようにしています。
自分にとっては、テーブルクロスを作るのが初めてだったので、布の購入時も、なかなかイメージがわかずにとても苦労しましたが、できばえにとっても満足しています。
他にも素敵な布がたくさんあって、見ているだけで楽しかったです。

1月に作ったのを、今日、なぜ投稿したのかと言うと、実は夏っぽいテーブルクロスが欲しいと思って、またまたIKEAに行ってきました。
仕事から帰って来て、水洗いをして干しています。明日作れたらいいなぁ。
買って来た布がうまくマッチするか、かなりドキドキではありますが、作成したらまた投稿したいと思っています。

余談ですが、この間marimekkoに行ってきましたが、目の保養で終わりました。かわいかったなぁ。テーブルクロスを作ったらいくらかかるんだろう。

ダイニングテーブルのお手入れ

ダイニングテーブルお手入れ後
ダイニングテーブルのオイルメンテナンスをしました。ご覧の通りピカピカです。
と、メンテナンス前の写真を撮っていないため、比較ができません…。忘れてしまいました。

無垢材は3ヶ月〜半年に1度、メンテナンスが必要との事です。

メンテナンスキットを開封して、説明書を見ながらメンテナンスをしました。
ドイツのリボス社のオイル
ドイツのリボスという会社のキットだそうです。テーブルを購入したCONDE HOUSEのサイトでは無いですが、同じメンテナンスキットを使った方法がデザイナーズ家具のE-comfortのサイトで紹介されていたので、参考にしながら、“主人”がやりました。

手順的には、
テーブルを乾いた布で拭いてから、オイルを染み込ませた布で拭いていきます。
オイルを塗ったら、1日ぐらい乾燥させます。
と、言う感じですが、オイルを拭いた布をそのまま放置すると発火の可能性があるらしく、布を水で浸してから廃棄する形となります。
結構、恐怖を感じますね…。

今日はリビングにオイルの匂いが充満しています。ちょっと苦手な匂いです。

お気に入りすぎて、お客様のような扱いのダイニングテーブルです。
傷がついてもサンドペーパーでこすって、オイルでお手入れすれば良いようなのですが、傷がついたら、立ち直れなさそうです。